新生銀行グループ【ノーローン】キャッシング ※審査・口コミ・評判

ノーローンの審査に落ちた・・・?対策方法まとめ - 新生銀行グループ【ノーローン】キャッシング ※審査・口コミ・評判

ノーローンの審査に落ちた・・・?対策方法まとめ

残念ながら口コミや評判をみたりしていると、新生銀行グループのノーローンの審査に落ちてしまう人もいるのが現実です。
では、どんな人が落ちてどんな対策を練れば審査を通過するのでしょうか。

20歳から69歳までの安定した収入がある人が対象であり、専業主婦でパート・アルバイト・内職などの仕事をしていない場合は申し込みが出来ませんので、仕事をしていない状態で申込みすると落ちてしまいます。
ですから、融資を受けたいのであれば早急にお仕事を探して働く必要があります。
しかも、働いてすぐよりも少し時間をおいてからのほうが審査は通りやすいでしょう。

また、仕事をしていても審査が通らないこともあります。
消費者金融の顧客情報は共有されていますから、過去に返済期日を守れなかったり他社の消費者金融での契約がたくさん残っている場合、何らかのトラブルを起こしてしまった過去を持っているとブラックリストに入ってしまい、審査を通過するのが厳しくなってしまうのです。
対策としては、もし他社で借入を複数している場合、いくつかの返済を済ませてから申し込みをするか、少なくとも総量規制の年収の3分の1以下の借入額になった時に申し込みをするとよいでしょう。
また、総量規制ギリギリの場合でも、きちんと返済しているような優良な利用者であれば、審査を通過することもあります。

さらに、当然のことながら嘘の申告をするのはよくありません。
住所や勤務先はもちろん、他社からの借入額を虚偽の申告をすれば審査に落ちてしまうこともあるでしょう。
ノーローン側は、どれだけ借りているのか調べることができます。
ですから、言わなくてもあちら側はわかっているので、申告する際に借りる側がきちんと正直に申告するかどうかをみられるわけです。
ですから、ここで嘘をついたら印象が悪くなってしまい審査に落ちてしまうこともありますので、正直に言うことが大切です。
また、虚偽の申告をするつもりがなくても、入力ミスなどで勤務先や住まいの住所や電話番号を間違ってしまうこともあります。
そうなると、審査に時間がかかってしまったり最悪審査に落ちてしまうこともありますから、慌てず正確に入力することが審査に落ちないための対策です。

top